風情のある鳥籠の中

「ぼく」がぼくのことかどうかは想像にお任せします。散文詩と作文が混じってカオス。

《ご挨拶》

こんにちは。
文鳥と申します。
Twitterで管を巻くことが大好きな人間なのですが、
いかんせん時系列だけでは話題の前後が判然としないので、
いっそ呟くテーマごとに区切って仕舞えば、
後から見返したり前提の共有に有効ではないかと考えた次第です。

まだまだ使い方を定めていないのですが、
とりあえずカテゴリーやタイトルの《かっこ》の使い分けなどで
見た目にもわかりやすく分類していくつもりですので、
お時間ありましたらお付き合いください。

基本的に自らのタイムラインを遡ってまとめていき、文脈上の不正を正したり
味付けするくらいであっさりお出ししていきたいです。

墨付きカッコ【】はぼくがある時期に書きためた散文詩にもならないような文章を供養のために置いていきます。

たまに真面目なことも書きます。へんなことも書きます。

まあ、こんなことを書いても仕方がないのでこのへんで。
お読みいただきありがとうございます。